頬骨の整形に関心を持っている人は多いですが、実際どのような手術なのかあまり知られていません。ここでは、そのあたりについて詳しく書いていきます。頬骨の整形というのは、いわゆる頬骨削りといわれるものになります。この特徴は傷跡が残らないという点です。口の中であったり、耳の横のあたりなどが切開部分になります。そこから、頬骨を削っていく作業が手術内容になります。そうして顔全体のバランスをみながら手術をやっていきます。これによって顔の印象が非常に変わります。若返って見られることが多く、老け顔で悩んでいた人には嬉しい効果です。しかも、余分な頬骨が削られるので、顔も小さくになって小顔効果もあります。このようにいろいろなメリットがありますので、頬骨で悩んでいる人にとっては頬骨削りを検討するのも大切なことです。

頬骨の整形手術の特徴につきまして

頬骨の整形手術というのはどういうものでしょうか。基本的には1日の入院手術になります。口の中であったり、耳の横あたりの目立たないところから切開して頬骨を削っていくので、傷跡は残りません。そうして手術が終わった後は、腫れが見られます。これは3日程度は続きますが、時間が経過するたびに改善していくので安心してください。もちろん、こうした腫れを少なくするための工夫も行われています。つまり、極力短時間で手術を行ったり、手術が終わった後には腫れ止めの点滴なども行ったりしています。ごく稀に内出血が生じる場合がありますが、それも2週間程度も経てばすぐに薄くなってきます。抜糸については、手術後1週間程度で行われます。このように身体に対するダメージは非常に小さいものであります。痛みを心配する向きもありますが、鎮痛薬もあるので問題ありません。

単純に削るだけではない頬骨の整形

頬骨が出てしまっていると、顔の輪郭がゴリラのようになってしまって美しくありません。顔の中でも中心付近にあるのが頬骨なので、コンプレックスに感じている女性は多いです。ですが、こうした問題も美容整形をすることで解決可能です。今では、頬骨を引っ込めて美しい顔のラインを取り戻す手法も一般に普及しています。普通のOLさんや主婦の方がやっている治療法なので、尻込みする必要はありません。ただ、頬骨の整形は大掛かりになることがあります。エラと違って単純に削ればいいという問題ではないからです。削ったところで、数ミリしか頬骨は引っ込みません。本格的に治療するなら、頬骨を割って余分な骨を除去し、割れた部分をチタンプレートで留めるという手術が必要になります。技術レベルの高い美容外科クリニックに行って、しっかりカウンセリングを受けた上で行う手術だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*